ハイヤーを安全に気持ちよく利用する

ハイヤーを観光や通勤の移動手段として利用してみたいと考えている方も多いでしょう。中には感染症対策について気になっている方もいるかもしれませんが、ハイヤーの会社では乗務員はもちろん、車内でも感染症対策が徹底されています。

ハイヤーに同乗する乗務員は日々健康管理に気をつけて生活をしています。感染症対策に関するガイドラインでも、乗務員への健康管理は書かれており、特定の症状が見られた場合は乗務員に自宅待機をさせるなど徹底したガイドラインが定められています。また乗務員は体調管理の一環として、休日の睡眠や休養もすすんでとるよう書かれています。乗務員は始業前に必ず体温を測り、うがいと手洗いも行っているのが特徴です。さらに飛沫感染を予防するためにマスク着用を義務化しているところも多いです。乗務員は金銭の受け渡しもあるため、手袋の着用が義務付けられていることもあります。

密集、密接、密閉のいわゆる3つの密を避けるため、感染症対策を考えて大型のハイヤーを揃えている会社も多く見られます。セダンを呼ぶことも可能ですが、ミニバンやジャンボタイプのバンが推奨されている傾向にあります。車内の空気がこもらないよう定期的に換気を心がけていることもしばしばです。エアコンもまた外気を車内に入れるために使用されます。乗務員と乗客の間をビニールカーテンやアクリル板で隔てるなどの工夫もされています。

そして車内は消毒液と布を使い、乗務員が拭き取り作業を行っています。利用者は乗車時にマスク着用や消毒液の持参をお願いされるケースもあり、それだけ衛生面や感染症対策を徹底しているのが特徴です。さらに金銭の受け渡しが少なくなるよう、キャッシュレスの導入に前向きなハイヤーの会社もあります。

感染症対策をきちんと守っている会社は、感染症対策に関するガイドラインを遵守している旨について公式サイトで明記しています。感染症リスクが不安な方は、ガイドラインに沿った営業を行っている会社かどうかを確かめることが一つのチェックポイントになるでしょう。利用者側もなるべく少人数でハイヤーを利用するなどちょっとしたことで配慮ができます。ハイヤーを使った観光プランもありますが、人が多い時期を避けて日程をずらしたり、施設でなく屋外を周ったりするのも感染対策となります。また利用する際も自身でできる対策を行い、気持ちよく利用することが大切です。会社選びと自身の対策をきちんと行いながら、安心してハイヤーを利用しましょう。